PCガジェットゲーム周辺機器レビュー

使えば音質がググっと上がるゲーミング外付けサウンドカード EPOS GSX300

EPOS GSX300 アイキャッチ
こうは
こうは

最近イラストの勉強にかまけてブログの更新を怠っていたこうは(@kouha_bLOG)です💦

今回はゲーミングアンプと言われている製品のEPOS GSX300のレビューです!

まるこ
まるこ

初めまして!表紙にもこちらにも初登場のまるこです!

私もレビュー記事のお手伝いをしていきますので宜しくお願いします❣

こうは
こうは

この記事を読むとEPOS GSX300とは何なのか?

ゲーミングアンプは一体何をしてくれる物なのか?

どんなメリットやデメリットがあるのか?

それらをわかりやすくまとめていきます!

EPOS GSX300って何?どんなアイテム?

EPOS GSX300外箱

こうは
こうは

ゲーミングアンプとかって言われたりもするんですが厳密には外付けサウンドカード

低コストで高品質なオーディオ体験をさせてくれるコストパフォーマンスに優れたモデルになるんやで。

7.1サラウンドモードも搭載され臨場感のある音を出力してくれるよ。

まるこ
まるこ

アンプサウンドカードって何か違うんですか?

こうは
こうは

アンプって音量の増幅機的な物でこちらはその機能に加えDAC(Digital to Analog Converter)をプラスしたサウンドカードって言われる物になるよ。

まるこ
まるこ

外付けってことは他にもサウンドカードはあるの?

こうは
こうは

PC内部につける内蔵型もあるよ!

ただPCによっては拡張できるスペースが無いとかで装着できないことがある。

その点この外付けのサウンドカードはUSB接続で繋げる事が出来るんやで。

まるこ
まるこ

なるほど~

USBポートがついていればどんなPCにも簡単に接続できるのは嬉しいですね!

早速中身を見ていきましょう!

EPOS GSX300外観やスペックなどなど

EPOS GSX300内容物一覧

こうは
こうは
内容物はGSX300本体とPCに接続できるUSBケーブル。あとはクイックスタートガイドや安全ガイド、スペックシートが付属しています。
まるこ
まるこ
結構シンプルな内容なんですね!なんか簡単に使えそう!

外観

EPOS GSX300外観正面

こうは
こうは

GSX300本体正面

音量を調節する大きなダイヤル一つと設定を切り替えるボタンが一つとシンプルなデザイン

EPOS GSX300外観側面

まるこ
まるこ

側面はどちらもなんの接続ポートやボタン等ついてないシンプルな構造。

だけど底面が少し斜めになってるのが特徴的ですね!

EPOS GSX300外観背面

こうは
こうは

背面には3.5㎜のヘッドホン、マイクの接続が一つずつとPCに接続するためのmicroUSBポートが一つとこちらもシンプル。

正面と背面以外は操作パネルも接続端子もありません。

EPOS GSX300接地状態

まるこ
まるこ

接地させると操作面が上向きになって操作しやすく設計されてるんですね!

EPOS GSX300ケーブル

こうは
こうは

ケーブルはGSX300に接続するmicroUSB端子とPC側に接続するUSBタイプAになっています。

GSX300 スペック

EPOS GSX300ロゴ

EPOS GSX300 External Sound Card
長さ約82㎜(ボタン含めると約98㎜)
約81㎜
高さ約43㎜
重さ154g(ケーブル込みで175g)
ケーブルの長さ1850㎜(端子部分含まず)
USB規格USB2.0
接続端子3.5 mm ヘッドセット端子
3.5 mm マイク端子
3.5 mm micro USB
全高調波歪率 (THD)< 0.01%
対応サンプリングレート
メインオーディオ24 bit 96 kHz
ゲーミングスイートのインストール時7.1 @ 16 bit 48 kHz 固定
オーディオ出力
推奨ヘッドフォンインピーダンス25- 75 Ω
互換性Windowsパソコン

※サイズや長さ、重量は実測数値なので誤差や公式と少しズレがあります※

専用ソフトウェア

EPOS Gaming Suite

こうは
こうは

EPOS公式サイトからこちらの専用ソフトウェア、EPOS Gaming Suiteをダウンロードして使う事でより好みの設定にして使えます。

簡単にではありますが(それでも少し長めになってしまいましたが・・・)使い方の説明をしていきます!

EPOS Gaming Suite設定画面右側

まるこ
まるこ

この設定画面の右側にあるデバイスのところでスマートボタンの設定ができるんですね!

プリセット切り替えがEQの切り替え。

サラウンドサウンドが2.0と7.1chの切り替えが可能と!

この2種類から好みの設定にしておけるんですね~

しかも2.0chだとダイヤルの周りが青く、7.1chだと赤く光るのがカッコいいですね!

で、スマートボタンって何ですか?

こうは
こうは

本体の大きなダイアルの左下にあった小さなボタンの事やで~

まるこ
まるこ

あ~あの小さなボタンの事ですか!

EPOS Gaming Suite音声出力設定画面

こうは
こうは

画面下のヘッドホンのアイコンをクリックするとこのサウンド設定に切り替わります。

自分で好みの音に調整できるのとサラウンドを変更できます。

反響もここで変更してサウンドチェックもできますね。

まるこ
まるこ

よく言われるEQってやつですね。

でも自分で設定するのはちょっと難しいなぁ・・・

EPOS Gaming Suite音声EQ設定

こうは
こうは

自分で設定するのはやったことが無いと確かに難しい。

でも右上の現在FLATとなってるところをクリックすると、最初から4つそれぞれに適したプリセットを用意してくれているので安心。

その4つはMUSIC、ESPORT、MOVIE、FLATだね。

まるこ
まるこ

あれ?

ここには5つありますよ?

こうは
こうは

一番下のAPEXっていうのは自分で作った設定だね。

こうやって自分で作った設定を保存していつでも呼び出すこともできるんや。

まるこ
まるこ

じゃあ自分で設定したい人は毎回設定しなくても、一度作って保存すればすぐに呼び出せるんですね!

便利な機能ですね~!

EPOS Gaming Suiteマイク設定画面

こうは
こうは

下の横顔を向いているアイコンをクリックするとマイクの設定画面に切り替わります。

サウンドの時と同じようにボイスのEQをいじったりゲインの調整、サイドトーン、ノイズゲート、ノイズキャンセリング等々設定できます。

まるこ
まるこ

ボイスのEQっていじるとどうなるんですか?

こうは
こうは

声の低音を強調したり高音を強調したりして好みの声質に変える事が出来るんよ。

まるこ
まるこ

おじいさんの声や赤ちゃんの様な声に出来るってこと?

こうは
こうは

ボイスチェンジャーとはまた違うからこれではそこまで大きな変化はできないよ。

ただここを少し変えるだけで相手に聞こえやすく声の性質を変化させたりできるねん。

まるこ
まるこ

なるほど~

でも見慣れない単語が多くて何が何だかさっぱり・・・

こうは
こうは

ここでも簡単に説明するけど、設定画面に出てくる?のアイコンにマウスポインターを合わせる事で機能を説明してくれる親切機能も搭載してるからそれでなんとなく理解できると思うよ。

まるこ
まるこ

ソフト自体にそういう機能があるのは親切で良いですね!

こうは
こうは

使い手の事を考えてくれている良い機能だね~

一応簡単に説明すると

  • ゲインはマイクの音量調整。
  • サイドトーンは自分の声をヘッドホンからモニタリング出来る機能でここではその音量を調節できる。
  • ノイズゲートは設定するとこのラインからの音は拾わないといった設定ができる。
    エアコンの音やパソコンのノイズなど微細なノイズをここでカットしたりすることが出来るんよね。
    ただしやり過ぎると自分の声もカットしてしまうので注意が必要。
  • ノイズキャンセリングはノイズを打ち消す機能なんだけどこれもかけ過ぎると少し聞こえ方が変になるので注意。

 

まるこ
まるこ

ふむふむ。

まあわからなくてもヘルプ機能もあるし私でも使えそう!

ところでこの一番左の音声強化機能ってなんですか?

EPOS Gaming Suiteマイク音声強化機能

こうは
こうは

これやね?

ここでボイスEQ機能が調整できるよ。

最初から用意されている物も有って

低音が強くなるウォーム中高音を少し上げて低音を下げたクリアがあるよ。

EQ自体いらない人はオフにしておけばいいし、好みにいじりたいならカスタムで設定できるよ~

 

まるこ
まるこ

低音を少し上げて少しだけ渋めな声にも出来るしクリアなら相手に聞こえやすい声に出来るってことかな。

通話するときにうまく使えばいい声で話せそうで良いですね!

サウンド、マイク音のサンプル

EPOS GSX300 2.0ch

こうは
こうは

EQを使った時の音の変化やGSX300と組み合わせた時の音をサンプルで用意したので気になった方は聞いてみて下さい。

今回はGSX300にEPOSのヘッドセットH3を組み合わせてOBSにて収録しています。

使用楽曲はFlehmann様のComing_Back_Aroundです。

 

※あくまで音がどんな感じに変化したか等の目安であって音の完全再現では無いので注意してください。

変化を細かく聴くためにはヘッドホンやイヤホンでの試聴推奨です※

EPOS GSX300+H3 Gaming Suiteをインストール無しで収録

まるこ
まるこ

こうはさんの声をWindowsのボイスレコーダーでエアコンはONの状態での収録です!

 

※ノイズはお使いの各ソフトウェアで調整できる物で軽減できます。

今回はそのまま収録して音を拾う大きさを体感出来るようにしています。

EPOS GSX300+H3 音声強化機能オフで収録

EPOS GSX300+H3 音声強化機能ウォームで収録

EPOS GSX300+H3 音声強化機能クリアで収録

使用した感想、評判、メリットデメリットなど

EPOS GSX300 7.1ch

こうは
こうは

使ってみて正直とても音質が良くなりました。

音楽も良し、映画も良し、ゲームも良しと個人的には全てで音がレベルアップした感じがします。

こういった外付けのサウンドカードは使った事が無かったのですが、音の一つ一つがよりはっきりとわかるようになったのとEQによりそれぞれ聞きたい音を持ち上げてくれるのは凄いなと思いました。

特に個人的に感動したのはゲームと映画でした。

FPSゲームをされる方なら足音や銃声の場所って結構大事だと思うと思います。

これが今までよりハッキリとどこから音が出ているのかがわかりました。

少し離れた所もしっかり聞こえるので敵を索敵しやすく早期発見する事ができ、先手を取れる機会も増えました。

映画もこれを使って鑑賞した時に音の定位がしっかりしているおかげで臨場感がグググっと上がりました。

特に登場人物がフレームインしていないのに床の材質で変わる足音と聞こえる方向でどこにいるのかを感じ取れるのが凄いなと感じました。

迫力あるシーンでも音質の向上のおかげかいつもより興奮してのめり込んで映画を鑑賞できました。

まるこ
まるこ

私もそう思います!

ハッキリ言ってデメリットもないし即買いですね!

こうは
こうは

デメリットが無いわけじゃあないよ!

デメリットも勿論存在していて

今使ってるPCに搭載されているオンボードのサウンドチップがかなり良い物だと効果は感じにくいかなと思う。

個人的にゲームに関しては7.1chサラウンドより2.0chの方が聞きやすかった。

これは耳が7.1chに慣れてないせいもあると思うけど。

あと後方の音が少しぼやけてた感じはあった。

それでも使わないよりは断然聞こえてたけどね!

他にも互換性がWindowsオンリーだったり接続できる端子数が少なかったり光ケーブルには非対応だったりするとこにもあるけどこれはコストを下げて品質を高い物を作る努力だと思う。

何よりもデメリットと感じるのは24 bit 96 kHzで出力できる性能があるのにゲーミングスイートを使うと7.1 @ 16 bit 48 kHz 固定されてしまう所だなぁ。

これは聞いた話だとソフトウェアのアップデートで24 bit 96 kHzに対応できるように取り組んでるらしいから今後解消されていくとは思うけどね。

まるこ
まるこ

良いこと尽くしサイコー!

ってわけでもなくちゃんとそういう部分もあるんですね~

こうは
こうは
そうだね~でもこの価格帯でこれだけの性能を発揮してくれるのはコスパも良く素晴らしいって評判も多く色んな人からも良い商品と認められている物なんだよね。

EPOS GSX300まとめ

EPOS GSX300 イラスト文字無し アップ

こうは
こうは

まとめると

コスパも良くわかりやすくシンプルな操作性で手軽に音質をアップグレードするのにとても良い商品って事!

ただし購入を検討している方は使っているPCの環境や互換性、使用状況等きちんと見極めて買わないと使えなかったり接続できなかったりするのでしっかりと確認はしよう!

まるこ
まるこ

ささる人にはささる商品って事ですね!

こうは
こうは

そうやね!

あとこれで音質あげちゃうと無しじゃもう耳が喜ばない贅沢耳になるとこも注意やね!

まるこ
まるこ

贅沢耳・・・

こうは
こうは

では今回はこの辺りで!

ここまで見てくれてありがとう!

またお目にかかりましょう!

まるこ
まるこ

ありがとうございました!

またね!!!